技術 PC

AcerAspire R3-131T-A14D/BのPCから4GBメモリを取り出した

投稿日:

こんにちは。ドギドギです。

早速ですが皆さんはどんなPCを使っていますか?

僕はmac mini(2011年製)をメインマシンにして、サブ機にWindows10の入った富士通のFMVA45SRP(2014年製)とLinuxの入ったAcerのAspire R3-131T-A14D/B(2015年製)を使っています。

 

最近というか、Windows10を入れた5月辺りから富士通マシンの動きがガクンと遅くなり、起動からネットブラウジングをするだけでも25分くらい待たされます。

 

何となくメモリが足りないんだろうなぁと思い調べてみると案の定こういった記事が見つかりました。

windows10のメモリ‐2GBダメ・4GBもっさり(大型アップデート・リスクの追記あり)

 

ガルパンのデスクトップ可愛いですね。本文を読むと

4GBのwin10は、初老

などと書かれており、富士通マシンは4GBのメモリ一つなのでぐさりと来ています。(実際は傷ついていなくてせやなぁみたいな気持ちです)

 

ただ富士通マシンはメモリスロットが二つあって一つ空いているので、メモリ増設できるのでは?と二つのメモリ規格を調べました。マシン名のリンクはスペック表へ飛びます。

 

富士通マシン:DDR3L SDRAM PC3L-12800

Acerマシン:DDR3L SDRAM  PC3-12800

Acerのメモリ規格は公式サイトも参照

 

お? おなじ〜?と思いきや後半がなんか違う。。。

これ実はメモリ規格とは別のモジュール規格と言い、メモリ規格が同じなら、一応指すことはできますが、Lの名前がついた方が低電圧で動作するのでもしも富士通マシンの電圧が低ければ動作しません。

 

困ったなぁと思いつつAcerマシンからメモリを取り出したら何故かPC3L-12800Sと書かれている。Sは、メモリ挿入口のS.O.DIMMというピンに対応しているよ、という意味で、富士通マシンもこれに対応しているのでホッとしました。

 

今は手元に富士通マシンが無いので、取り寄せ次第つけてみようと思います。

 

分解で参考にした動画は以下の動画です。はじめは分解記事はないかと探しましたが、分解動画が真っ先に出て来たのでこちらを参考にしました。

 

 

実際に分解した写真を貼って終わりです。

Aspire R3上面

Aspire R3下面

 

裏面の12箇所のネジを外して、カバーをとります。

 

カバーを開けた後

 

真ん中やや右上側のカバーはトレー型になっていて簡単に取り外せます。カバーを外した後はメモリのストッパーを解除してメモリを取り出します。

 

取り出したメモリ

 

-技術, PC
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

取り敢えずのサイト更新

こんばんは。ドギドギです。 今抱えているブログ運用の課題として、SEO対策をやる、Googleアナリティクス、ウェブマスターツールの使い方を学ぶを目標にしてサイト巡りや本を読んでいます。 それと、サイ …

no image

FUJITSU LIFEBOOK FMVA45SRPに4GBメモリを追加した

こんにちは。ドギドギです。 前回の続きで、4GBメモリをFMVA45SRPの方に移してみました。   今回は特に参考にするものがなくてもメモリ交換をすることが出来ました。 マシンの背面を上に …